おすすめがん保険

がん保険の必要性

がん保険の注意点

今やがんは誰がなってもおかしくない時代。がんは日本人が病気で亡くなる原因のトップと言われており、2015年には2人に1人ががんで亡くなると予想されているそうです。 (出典:東京大学医学部附属病院 放射線科助教授 緩和ケア診療部長 中川恵一著「ビジュアル版がんの教科書」より)恐ろしい数字ですね。

がんになったらどうしよう。自分の今後のこと、仕事のこと、家族のことなど心配なことは尽きません。それと同時にがんを克服するために治療を行うにはどうしても多額のお金がかかってしまいます。

*がんで入院したらいくらかかるのか?

がん保険の必要性の詳細

がんの入院費用はいくら?

がんで入院した場合の費用は?

がんと言っても、病院によって治療法や医療技術、治療期間が違うため一概にいくらとか言えないのがつらいところですが、入院や手術にかかる費用は当然ながら大きな負担となります。

治療している間は会社を休むことになるかもしれませんし、仕事を続けられなくなって収入がなくなることも考えられます。また、がん治療のための通院費用も長期間にわたって必要となるかもしれません。

こういったことを考えると、がん保険に加入して保険給付金が支払われると心強いですよね。

がんの入院費用はいくら?の詳細

がんになりやすい人

がんになりやすい人

「がん家系」の人
「がんは遺伝しない」とよく言われます。むしろ、食生活や生活習慣が似ているため、家族でがんになった人がいるとがんになりやすいということなのかも知れません。

ストレスをためやすい人
ストレスはがんに対する免疫力を下げるのでがんになりやすいとか。神経質な人やまわりに気を使う人など要注意ですね。

低体温の人
私はやや低体温気味なのですが、低体温だと免疫力が下がり、結果的にがんになりやすいと言われているんだそうです。(それを聞いてから というもの、新陳代謝を活発にすると言われるしょうがスープをよく飲んでいます。)

がんになりやすい人の詳細

がん保険の注意点

がん保険の注意点

がん保険でまず一番に注意してほしいこと。

保険の責任開始日とは「申込書の提出」「告知・診査の終了」「1回目の保険料の払い込み」の3つがそろった日のことを言います。

がん保険の保障は、ほとんどの保険商品がこの責任開始日より3か月の待ち期間(免責期間)があります。この3か月の間にがんになったとしても保障の対象にはなりません。(契約は無効となります。)

つまり、自分ががんではないかと思い当ってからあわててがん保険に入っても遅いのです。

がん保険の注意点の詳細

上皮内新生物と悪性新生物

がん保険への加入を検討する時に知っておきたい上皮内新生物と悪性新生物について調べてみました。

上皮内新生物

厚生労働省が定める「疾病、傷害および死因統計分類提要」(WHO:世界保健機関の国際疾病分類の日本語訳)」においては、新生物(腫瘍)を、良性新生物・上皮内新生物・悪性新生物・性状不詳の新生物の4つに大きく分けています。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/sippei/index.html

↑細かいですけど、新生物のエクセルファイルを見ることができます。

例をあげると、子宮頸部においては、上皮内がんや高度異形成が、上皮内新生物に分類されます。悪性新生物との大きな違いは、上皮外への浸潤の有無にあり、上皮外への浸潤がない場合に上皮内新生物といわれています。

上皮内新生物と悪性新生物の詳細

保険料をシミュレーション

がん保険には入りたいけどいったい保険料がいくらなのか気になるところ。保険市場ではがん保険や通常の医療保険など保険商品ごとに簡単に保険料のシミュレーションが出せます

保険の種類と年齢と性別を選ぶだけ。1日当たりの入院給付金や簡単な保険料がひとめでわかります。特約をつけることも可能な保険がほとんどですので、自分が考えている保険料の予算に照らし合わせて選ぶことも可能ですね。

 気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

保険料をシミュレーションの詳細

がん保険シュミレーション